独身貴族増加中、独身の魅力とは?


日本は現在晩婚化が進み数多くの独身者がいますが

様々な理由で結婚できない方、あるいは結婚する条件は持っているものの敢えて結婚しない方等色々な方がいます

そこで今回は独身におけるメリットデメリット、これを紹介します


目次


・メリット

さて皆さん突然ですが結婚しない方についてどう思いますか?情けない?寂しい人?それとも社会不適合者?

結論を申し上げると世間一般的にはその通りです。いつまでも独身でいると周りからは性格や人格に何かしらの欠落があるのではないかと思われます。

ですが今回はそんな世間一般の意見はほっといて独身における特権、独身にしかできないことを紹介します

それは大きく分類するとたった1つです

そうです「自由」です

時間と金全てにおいて自分1人だけのものでありどう使おうが自由なのです

仕事終わりは温泉に行って酒を飲んで趣味に没頭したり、ジムに行って運動するのもよし、疲れているのならすぐに寝るのもよし…等々

要するに既婚者よりも 圧倒的に与えられた自由な時間が異なっているということです。

中には既婚者でもそれらをうまくコントロールして独身時代と変わらず自由に過ごせている方もいるかも知れませんがかなりのごくわずかです、期待してはいけません


・デメリット

しかし良いことばかりではありません

自由の代償は大きく、周りの人間はそう易々とそれを受け入れることをしません

「両親」「職場の人間」「友人、知人」

両親はあなたの子供が見たくてたまりません、これは正直正論です、なのであなたが帰省するたびに口煩くこづいてくるでしょう・・・

「誰かいい人いないの?同級生のあの子は結婚して子供も居るらしいよ?誰か紹介してもらったら?」

そして職場の人間からは

「まだ結婚しないのか?俺がお前の時くらいにはもう子供がいて家も立てようとしていたぞ」とマウントをとられ、はたまた独身という理由で面倒な仕事を押し付けられたりとこういった経験はおそらく皆さん体験していると思います

そしてこういった周りからの圧力や空気に耐えきれず無理やりにでも結婚する方が多いのももう皆さんもわかっていることだと思います

そしてその結果が必ず幸せや良い結果にならないことも・・・


・覚悟すること

ここまで読んでやっぱり結婚した方が良いなと感じた方は結婚した方が良いと思います

なぜなら生半可な気持ちや覚悟では生涯独身を貫くことはできないからです

40歳、50歳近くまでは独身でも充実した日々を過ごすことができると思います。

問題はその後、両親が先に旅立ち本当の意味での1人になった時です

兄弟がいる方は別ですがあなたの世話をする方は誰もいません、老いてきて身体や精神の限界が近づいてきた時、人間は本当の意味での孤独感に悩まされます

生涯独身で、独身貴族として自由を手にして最高の半生を過ごしたのちにその反動はかえってきます

既婚者は子供が大きくなり老後は面倒を見てくれます、その代償として結婚して子供を授かったのですから

さてここまで聞いてそれでも独身を貫く覚悟がある方はいるでしょうか・・・


・最後に

今回はどちらかというと結婚できる収入やある程度のステータスを持っていながらも独身生活を楽しんでいる方に目線を置いて紹介しました

ちなみに筆者は今のところ独身貴族を貫く予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です