パチンコやスロットを辞めたい方へ



目次


・パチンコ依存症とは

パチンコ依存症とは病気であり、国内では約500万人いると言われています

症状としてはパチンコ、スロットに対しての欲求を自身でコントロールできなくなる病気です

どれだけ負けようと、もう行かない、と言っても何度も何度もパチンコ屋へ足を運んでしまい

さらには家族や友人に嘘をついてまで金をつぎ込んでしまう等、聞いているだけでは本当にそんな症状でるのか疑問に思うかもしれませんがこれは本当です

筆者も実は何年か前にどっぷりはまっている時期がありまして、上記のように我慢できずにパチンコに行ってしまうことがありました

今思えばパチンコ依存症だったと思います、今はもう完全にパチンコは辞めました、あるきっかけがあり辞めることができましたがそれは後で紹介したいと思います

話を戻しますがパチンコ依存症には他にも症状があります

  • いつもギャンブルのことばかり考える
  • ギャンブルに使うお金が増え続ける
  • 「やめる」と一度決心したにも関わらずギャンブルを繰り返す
  • ストレスや苦悩から逃れたくてギャンブルをする
  • 負けた分を取り返すためにギャンブルをする
  • ギャンブルに使った金額を家族にバレないよう嘘をつく
  • ギャンブルの資金を集めるために生活費に手を付けたり、借金でお金借りる
  • 金銭トラブルから、友人や職場の人間関係が破綻する

等がありますがこの依存症の末路は悲惨です

金がなくなり借金苦で自殺やまたは強盗殺人で刑務所へ等があり、たまに聞くのは店のトイレで首を吊るなど聞きますが

こういった類の事件はまず報道されないのであまりピンと来ないかもしれませんが筆者は一回だけ現場にいて、救急車が来てトイレに救急隊員が入っていくのを見たことがありますが

その時はそれを見ても何も思いませんでした、特に気にすることもありませんでしたが誰かが死んでいるというのに無関心でそのままパチンコをするってなんだか今考えると少し異常な感じがしますね


・なぜ辞められないのか

悲惨な末路が待っているというのになぜ続けてしまうのか、医学的に言えば脳内麻薬、ドーパミンが分泌されてパチンコであたった瞬間の快感が忘れられなくなる、というのが一般的な理由です

筆者も心当たりがあります

筆者はスロット派で一番好きだった機種が輪廻のラグランジェという台でした、特に好きだった演出がリールロックが発生した時の音が大好きで最早それを引くためだけに打っていた時期がありました、わかる方はわかると思うのですがかなりシビアでお金の吸い込みが早い機種であまり勝てないイメージのある台です

今思えばやはりあの瞬間は脳内でドーパミンがドバドバ出ていたんだなぁと思います笑

他の方で分かりやすいのはジャグラーのゴーゴーランプですかね、あの光に魅了されて人生を棒に振った、という話も聞きます

スロットではなくパチンコは年々演出がど派手になってきており今の台は車のハンドルやピストル、刀、レバー等がついていてやったことのない方が見ると一見(なんだこれ?)と思うと思います、その演出や台のど派手さにも中毒性があり、やめられない原因でもあります


・どうすれば辞められるのか

まずは筆者が辞めた方法ですが、あまりあてになりません、偶然というか強烈なきっかけがあり辞めることができました

その日は連戦連勝で調子に乗ってガンガン突っ込んでいました、しかしいつまでも勝つことは不可能でまったく当たらず、どの台につっこんでも中々伸びませんでした

朝一で打ち始めて昼前には4万負け、コンビニで4万おろしてまた打ち始めました、

途中で異変に気付きます、財布がポケットから無くなっていました

トイレで落としたのか、自販機の前で落としたのかわからず、とりあえずめぼしいところを自分で探しましたが見つかりません

財布の中には3万とキャッシュカード、クレジットカード、免許証も入っていてかなり焦っていました

おろおろしていると男の店員さんが話しかけてくれて事態を説明すると財布の中身の詳細と、筆者の名前等を聞かれてカウンターまで連れていかれました、すると筆者の財布を持っている店員が立っていてかなり安堵しました

受領書を書いて財布は無事戻ってきて中身も確認しましたが何も取られていません、どうやら落としてすぐ店員が拾ってくれたみたいでした

よし、これでまた打てる、と思い先ほどまで打っていた台に戻ると他の客が座ってました、しかも当たっていたんです・・・

ちなみに

打っていたのはハーデスで800Gくらいまで回していたのですが、そのの客は見事にフリーズ引いて綺麗なお城が空中に浮いている画面が映し出されていました

(最悪だ・・・)

とりあえずやるせなくなりもう今日はジャグラーでちょっと取り戻して帰ろう、そう思いました

がしかし打つ台打つ台当たらずジャグラーだけで3万使い切ってしまいました・・・

無情にもジャグラーのあの通常時のどぅるっとぅる・・・

だんだんだんっ・・・という空しい音が鳴ります

そこで筆者は

「なにやってんだろ、おれ」

空しさと悲しさ、どこに向けていいかわからない怒り

財布を落として運よく返ってきたにもかかわらず打ち続け結局は金はなくなったのです

とてつもない罪悪感と虚無感、店を後にして温泉のサウナの中で汗をかきながら思いました

「よし、やめよう」今までも何回かやめようとしてもやめれずでしたが、今回は何か違う気がしました

もしかしたらまたやってしまうかも・・・と思いましたが

その日から行くことはなくなりました、もう行かなくなってから4年近くですね、もう行く気すら起きません

いかがでしたか、あんまりあてになりませんよね?笑

ただきっかけがあれば辞めることはできます、よくネットで書いてる治療法、身の回りからパチンコ関連のものを排除する、動画なども見ない等がありますが、筆者はそういった治療法ではやめられませんでした

結局は痛い目に合わなければ人間は学習することは難しいということです(筆者のようなタイプに限られるかもしれませんが)

ただ

辞めてからは暇な時間は読書やギター、登山やキャンプなどに時間を使って、ギャンブルをする、という選択肢自体を無くすというように

時間を自分に有効活用するようになりました、このブログもその一つと言えます

それでは、良い一日を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です