ドコモ『クソ野郎』事件

こんにちわこんばんは

いま話題のドコモ『クソ野郎』事件ですが紹介したいと思います

・ことの発端は?

ドコモショップ市川インター店(千葉県市川市)を訪れたお客が1月6日、店員から「クソ野郎」などと書かれた資料を渡された“事件”が発生した。侮辱されたことに気付いたお客がその場で店員に抗議したが、不誠実な対応をされたという。その後、運営会社である兼松コミュニケーションズ(東京都渋谷区)や、ドコモが謝罪する事態に発展した。

↑これが実際のメモです

どうやら引き継ぎのメモのようなものなんですかね

乱雑に粗暴にメモをしていますが

親と一括請求ということだけでくそ野郎、と判断していますが被害者の男性は40代で自営業を営んでおり会社の代表がまだ親名義、そして会社用のスマホの件でドコモに訪れたそうで

恐らく店員は最近よく聞く『こどおじ』もしくはニートなのではないかと判断し

つまり『クソ野郎』、や親が払っているから『金に無頓着』などと書いたのだと思いますが、実際は勘違いも甚だしくこういった事件に発展しています

というかこういったことをメモする時点でおかしいですよね?

この内容だけであるならば口頭でも十分です

この事件でドコモが客に対してどのように接しているのか、こんな末端の店員によって大きくイメージを悪くし、損失を出しています

・詳しいやりとり

更に詳しくやりとりを紹介します

①機種変更のひととおりのやりとりが終わり、男性が資料を受け取る

②資料の中で例のメモを書いた紙を見つける

③男性が『このメモについて納得のできる意見を言ってください』と言うも店員はへらへらと『すいません、すいません』と謝るのみ

④男性は本社に電話を入れるが本社からは『指導しておきます』というだけ

⑤男性は友人にこのことを言うと友人はSNSに投稿、瞬く間に炎上しドコモは被害者男性に謝罪させてほしいと連絡、今に至ります

店員も店員ですが本社の対応もおかしいですよね、このような事態になると予測できなかったのでしょうか、今の時代SNSの力は非常に大きく特にこのような大手企業の不祥事に対して一般民間人は敏感で一度共感や便乗の波に乗ってしまえばメディアで取り上げられるまで止まりません

・今後はどうなるか

今回の事件で恐らくドコモ全体に教訓としてなんらかの施策が徹底されると思います

しかし実は筆者も中学生の時からずっとドコモの携帯、スマホを使ってまして、筆者がお世話になっているドコモショップにこのような不誠実な店員は見たことがありません、客に対して親身になり、不必要な機能はすべてはずしてくれたり、どうすれば安くそして効率的にドコモのプランを有効に活用できるかなど詳しく説明してくれます

つまり大部分の店員は皆さん客に対して親身に誠実に接してくれるのです、このような事件はある一部分の心無い店舗や店員によってドコモ全体の信用を落としてしまうのです

これはドコモだけでなく社会に出たならばすべてに共通してますよね

つまり末端の店舗、末端の店員、社員に対しての教育は徹底しなければこのような不名誉な事件が起きてしまうのです

もしあなたが中間管理職もしくはそれよりも上の役職、役職が無くとも後輩がいる場合は、あなたやあなたの後輩の言動や行動一つで会社や組織の信用、最終的には会社から受けるあなた自身の信用を落としてしまうことを忘れずに働いていきましょう

偉そうに書いていきましたがブーメランのように筆者にかえってきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です