武漢からのコロナウイルス その概要と現在の状況、この先はどうなるか…

みなさんこんばんは、今日は金曜日ですね

ここ1週間テレビでは毎日武漢で12月以降発症したコロナウイルスによる肺炎のニュースが連日報道されていますね

ということでコロナウイルスとは?発症するとどうなる?現在の状況やこれからの対策などを紹介したいと思います

武漢って?

中華人民共和国の中部、湖北省の東部、長江とその最大の支流漢江の合流点に位置する都市である。中国中部地方及び長江中流域唯一のメガシティで、湖北省の省都および華中地方唯一の副省級市でもある。また、中国有数の工業都市、文教都市及び交通要衝でもある。市の総面積は8569.15㎞2であり、人口は1089.29万人である

(wikiから引用)

中国の中でも大きい都市のようですね

どんな症状があるか

まだ情報がばらばらです、これといった法則性が解明されていませんが

せき、発熱、疲労感、胸の圧迫感、動機、息切れ等が挙げられていますが未だ全容がわかりませんが、少なくとも死者が25人、発表されていないだけでもっと多くいるのではと考えられていますが…

発熱や他の症状が無くとも死に至る患者も居て詳細はまだ謎に包まれています

現在の状況

武漢からの日本への飛行便はすべて欠航となっており、武漢自体の空港も封鎖、さらに日本の空港内でもサーモグラフィーのような熱感知カメラの設置や、各人に対する解熱剤の使用や健康状態の悪化など自己申告の催促などの対策がとられています

実際にすでに北海道千歳空港では中国からの観光客が高熱を出し病院に搬送されています

この先はどうなるか

今時期中国は旧正月で日本に観光に来るピークです

これから先もどんどん入国することでしょう、解熱剤を服用し日本に来て治療を受ける、という方もいるのですでに日本国内で少なからず感染事例が起こるのは必然なのではないかと感じております

本日は北海道ですでに中国の方がコロナウイルスの疑いで搬送されていますが、潜伏期間は9日間とか5日間程度だとか情報が入り混じっていますが

12月上旬から武漢では患者がいた、という情報もあり日本だけでなく各国にすでにウイルスがまき散らされている、という風に考えるのは筆者の憶測で済めばいい話です

このコロナウイルスに関しては少しでも早く終息に向かっていけば幸いです

この冬の時期、インフルエンザ等も流行っているので、日常的に手洗いうがい、マスク着用、人ごみになるべくいかないなどの処置をとるのが吉だと感じます

みなさんどうか健康管理には気を付けてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です