コロナウイルス関連株急降下


みなさんこんばんは、今回は最近ニュースでずっとやっているコロナウイルス

ではなくコロナウイルス流行に伴い急激に上昇した株について紹介したいと思います

・そもそも株って?

説明すると長いので簡単に

会社が資産を増やそうと株式を発行し、買い手は会社の今後の成長を見込んで株を購入、結果的に株価が上昇して買った時より株価が高ければ儲けがでるというシステム

かなーり簡単に説明してますがこの通りだと思います

つまり

買った時より株価が上昇しているときに売れば差分で儲ける

といった感じです

流れ的にはこの画像の通り、株というのはお金の流れというよりは現在のトレンドや流行に沿ったテーマに対して会社がどのように経営しているのか、様々な兆候や情報を見ていつ買っていつ売るか

買い手の手腕ひとつで勝つか負けるか非常にシビアな世界です

話題のコロナウイルス関連の株について

世間をにぎわせていますね、あれが聴くこれが効く、いまだに信頼性の薄い噂や民間療法まがいの療法がニュースで取り上げられていますが

中国ではいまだに終息の気配はたっていません

そんなコロナウイルスですが日本のマスク関連、コロナウイルス関連の株はここ一週間大いににぎわっていました

というのも

異常なまでのマスク需要供給

これにより従来の医療関連の株価は一時期ほぼ上昇

マスク関連株価の一覧は+の真っ赤な文字で埋め尽くされていました

興研、アゼアス、川本産業、中京等の株式は先週までは毎日S高(一日の上昇限界)に達しており筆者も買いあさりました、利確で何度か売りましたが判断は間違ってなかったと思います

今週月曜、ほぼすべてのマスク、コロナウイルス関連の株価は売りに集中し一気に降下、見ていて恐ろしかったですね

興研の株価が落ち始めてこれはやばいと思い持っていた関連株価はほぼ売り

逆指定していたので何個かは大損失をカバーできました

JMS

筆者が唯一医療関連で残した株です、知ったのはコロナがはやり始めてからですが、マスクでなく使い捨ての医療器具など、海外にも積極的に展開しており

今後とも期待、本日も昨日に比べ少し落ちましたがまだまだ買い手が多くS高に到達してもおかしくないと思います

とまぁ色々説明しましたが

流行りのトレンド株に乗っかるのもいいですが今後ずっと利益を出せるようなトレードをできればいいなぁと思いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です