青森県初のコロナウイルス患者、八戸市の70代男女がスペインで感染か…

みなさんおはようございます、本日もコロナ関連の記事となってしまいました

というのも筆者は現在東北に在住ですが、唯一コロナウイルス感染が0だった青森県から昨夜初の感染者が出たということで今回記事にしました

八戸市って…?

東北ではない方からすると聞きなれない地名かと思います

人口は八戸都市圏で33万人、青森県の3都市のひとつで非常に栄えています

工業港、フェリー港、漁港などを有しておりその辺の景観は圧巻です

有名なのはせんべい汁やいちご煮で筆者も非常に好んでます

感染した方の経緯…

70代男女、夫婦ですかね

スペインに3月15日まで滞在していたらしいですが、よくあの時期にスペインにいったなぁというのが率直な感想です

とにかくやはり高齢者が感染しやすいというのは本当なんですね

今後は…

初の感染者を出した青森県ですが、コロナウイルスに対しては前々から対策がとられていたようで病院での検査環境などは整っておりさらに事例があった場合の対策マニュアルも県からすでに公表されています

やはり一番大事なのは感染の拡大をいかに防ぐか…

最近感じたのは先週までは皆さんマスクを着用していましたが今週に入ってからあきらかに着用者が減っています

メディアを通して日本でのコロナウイルスが鎮静化に向かっていると感じさせられますが青森県や東北に関してはウイルスが来ていなかっただけであって

今回感染者が出たことにより今までよりより一層の対策をとる必要があります

自分はかからない、等安易な考えは辞めてお互いに注意しあいながら手洗いうがいマスク着用を心がけましょう

 


 

 

 


 

 

 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です