中国の広東虎門橋、風によって呼吸しているように揺れる→現在封鎖中


こんにちはこんばんは、今日は珍しい海外の動画が出回っていたので紹介したいと思います

こちらです

思ったより呼吸してましたね笑

あと「アイヤー」って本当に言うんですね、しかも結構ゆっくりめのテンション低い感じですが…


そもそも広東の虎門橋ってどこ?

ここの虎門大橋が現在封鎖中とのことです…


・1997年開通以来この現象は初めてだそうです、こんだけ揺れるって修復とかは可能なのでしょうか?


似た現象はアメリカでもあった…

タコマ橋は米ワシントン州の海峡に架かる橋で1940年に崩落。当時は世界で第3位の長大吊り橋(全長1600m。 橋開通直後から少しの強風でも激しく揺れて問題になっていたが、5か月後に 崩落。崩落直前に危険性が察知され避難指示がなされ犠牲者はなかったという。 原因は横風で上下に発生する空気の渦による発散振動と言われる。

中国の比ではない程ねじれて揺れますね笑

・でも1940年の頃ですもんね、まだまだ技術的に不安要素はあったと思いますが今回の中国での出来事はメイドインチャイナ、安心安全の中華製、というような揶揄表現をされています


崩壊して被害が出る前に新しい橋の建造や出来るなら修復をするのが望ましいですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です