レタスの簡単で美味しい食べ方


みなさんこんにちは、唐突ですが今回は野菜のレタスの簡単で美味しい食べ方を紹介したいと思います

なぜレタス?と感じる方も多いと思いますが実はここ半年ほどレタスにはまってまして、特に体内のバランスを整え、かつ必要な栄養も兼ね添えていて美味しくて簡単に食べられるという観点から非常に重宝しています

前置きは少なくして簡単にレタスの栄養素を紹介していきます


・主に高い栄養素

  • 葉酸・・・赤血球の形成や細胞の生成を助ける栄養素がレタス100gで1日に必要な数値、30%を含む
  • カリウム・・・塩分過多を防ぎむくみ解消に役立つ
  • βカロテン・・・皮膚や粘膜の保護、抗酸化作用や免疫を活性化
  • 食物繊維・・・整腸効果や血糖値上昇を防ぐ

等々様々な栄養素を含んでおり1玉焼く350gなので1日その3分の1ないし4分の1を摂取するのが丁度いいと思います

特に筆者が感じているのは整腸効果です、簡単に言うとお通じがすごくよくなるということです。食物繊維は体内の不純物などと一緒に排泄させる働きがあるのでレタスやほかにも大豆もやしやキャベツ、キノコ類などにもこの効果が見られます

筆者がレタスに魅力を感じたのはこの食物繊維だけではなくその簡単な調理方法です


  • 水洗い後、手でむしって食べられる
  • 煮てポン酢や塩などに漬けて食べても美味しい
  • ナッツ類を塗してさらに栄養を取り込める

筆者がよくやるのはしゃぶしゃぶのようにお湯に軽く通してポン酢で食べる方法です、すごく簡単、というかこれは調理方法といえるのか笑、レタスだけでなく豆腐なども一緒に入れるとかなりおなかが膨れます

次は水で洗った後素焼きアーモンドやくるみなどと一緒に食べたりします、ナッツ類は脂質が多いので少なめにするといいです、レタスは満腹感が得られやすいのでダイエットにもつながります


・まとめ

一番筆者が感じているのはやはりお通じの良さです、とくに便秘などでお困りの方はレタス食生活を試してみてはいかがでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。