若者のスナック離れが深刻化しているとか・・・


近年若者の◯◯離れという言葉をよく耳にしますよね、車やタバコに酒、その背景には単純に金が無いことや酒の美味しさが分からない、上司たちと飲みたくない等色々理由があると思いますが

そして今回は若者のスナック離れについて書きたいと思います、というのも筆者は25歳ですが去年くらいから1人でスナックに行き始めて良かったことや嫌だったことを色々体験しました、今も通っていますがまだ行ったことのない人、行ってみたい人のために紹介したいと思います


目次


・メリット

スナックとは本来お酒を飲んでママや他のお客さんと喋ったり、歌を歌って楽しむところです。喋らなくても1人で静かに黙々と飲む、というのも問題ありません、むしろ筆者はもともと1人で静かに飲むのが好きなのでメインは1人で飲みながらたまにママやお客さんに話しかけられる感じです

なのでお酒が好きなのであれば十分楽しむことができると思います。

他にも歌うのが好きな方にもおすすめです、理由としてはキャバクラや少し高いニュークラとは違い1人で歌いにくい雰囲気ではなくママやお客さんもノリノリで聴いてくれます、若い人なら尚更、中年の方や高齢者の方々は若い人の歌を聴くのが基本的に好んでいるので歓迎されること間違いなしです

そうして何度か通っているとママや常連のお客さんとも顔見知りとなって少しづつ人脈が広がります。スナック通いの方の中には名の知れた企業の方も多く意外なところで繋がりのあることもたまにあり、名刺を交換することも・・・はては「よし、〆のラーメンみんなで行こう!」という感じで他のお客さんとも仲良くなることも1つの楽しみです


・デメリット

上で述べたように良いこともありますが、デメリットも多少あります

まず1番大事なのはそのお店とママ、客層が自分に合っているかが重要です。そしてそういった自分にとってベストなスナックを見つけるのは難しいです。これは色々なお店に自分から足を運ぶしかありません

ママの性格、例えば貴方は静かに飲みたいのにどんどん喋りかけられたりカラオケを強要したりと全然落ち着けない等、人によって合う合わないがあります。

客層も大事です、これは筆者が体験したことですが、あるスナックで飲んでいる時泥酔したお客さんが入ってきてものすごく絡まれたり、隣に座ってきたおじさんの自慢話を聞かされたり、はたまた「結婚はしないのか、絶対した方がいい!」等お節介な方も・・・

とまぁ書きましたが、こういった方々だけではありません。ちゃんと話していて波長が合う方、面白い方、優しい方々ばかりです。ただそういったベストなスナックに巡り合うまでが少々難易度が高いです

筆者も今まで色々なスナック を巡り何個か行きつけのお店ができました、しかしそれまでに良いことや嫌なこと色々ありましたが、最終的には良い人間関係も築けて楽しくお酒を飲む場を得ることができて良かったと思っています。


・お金はどれくらいかかるか

一般的な相場は2000円〜4000円、それ以上だと少し高い気がします。大体のシステムとしてはお通し代、後は1時間〜2時間飲み放題や単品制、ボトル制です、中にはカラオケ1曲200円等があります

良いスナックでまた来ようと思ったらボトルを入れましょう、ボトル代は当初高いですが1度入れれば次来た時からかかる料金はお通し代のみですので何回も通うようであればボトルを入れるのがベストです

ちなみに筆者はウイスキーが大好きで2回通えばボトルは1本空いてしまいます。流石に飲みすぎかなと思いロックではなくハイボールに変えましたが消費量は変わらず結局今でも変わりません笑


・1人で行きづらい・・・

わかります、筆者も初めてお店のドアを開ける前はすごく緊張していました。しかし入ってお酒を飲んで少し酔ってくると全然気にならなくなります。それにお店のママや他のお客さんも大体は気を使ってくれて優しく話しかけてくれたりしてくれます。先程デメリットで述べた例外もありますが・・・

要は少しでも興味があるのであれば行ってみる価値はある、ということです。良くも悪くも人間的に変化するきっかけを得ることができると思います


・最後に

ざっと経験談からメリットデメリット等紹介しましたが如何でしたか?少しでもスナックに対しての印象やイメージが掴めてもらえれば幸いです。

仲間と楽しく飲むのも良いですが、たまには1人で静かに飲んでみるのも良いかと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です