災害などに備えた非常食や防衛グッズの紹介


みなさんこんにちは

最近はまた雪による災害が増えていますね。北海道や日本海側では猛烈な低気圧により記録的な積雪量を観測、北海道ではホワイトアウトによって100数十台の車が長い時間立ち往生してしまうこともありました

また、海外では現在ロシアによるウクライナ侵攻が行われており一般人の方は日ごろの防災の意識をもっと持たなければいけないというのを実感していると思います

そこで今回は防災グッズや非常食、防衛グッズなどを紹介していきたいと思います


・1週間分の食事

まずはこれですよね、食べ物がなければ何もできません

電気やガスがなくても水さえあればその場で食べることができます。しかもこれらは活動に必要な栄養素もきちんと考えられており炭水化物に食物繊維、タンパク質や脂質、ビタミンなども摂取できるものとなっており、災害時の栄養失調による体調不良などを引き起こさないように考えられています

調理法もお湯であれば15分程度、水でも少し時間がかかりますが60分程度で食べられるようになっています

保存期間も長く約5年持ちます、これから先5年どんな災害や緊急事態が起こるかわかりませんので、なるべく保存期間の長いものを用意しましょう



・ビスケット類の非常食

こちらは水を使用しないいわゆるビスケットタイプの非常食です

自衛隊などでいう乾パンに類するものですがお菓子のビスコなどがあり、またおなかの持ちも非常によく本当の非常食です

調理する時間がない、即座にエネルギーが必要なときに活躍します

普通のご飯などの非常食のほかにもこのようなすぐ食べられてエネルギーになるものも持っていたほうが良いかと思います



・水

水です、しかしただの水ではなく高硬度の水で5年保存することができます。災害時は水が確保できるかわかりませんのでぜひ用意しておきたいところです。

食物と水があれば生存率は一気に上昇し、また排せつや洗面等水は食物よりもはるかに多用しますのでできるだけ多く保存しておきましょう



・防災セット

こちらは防災グッズ一式が詰まっている鞄です。もしあなたが災害時避難所などに向かう際や家から離れなければならない状態に陥った時、とにかく身を守るのが先決な場合これひとつだけ背負っていけばなんとかなる、といった防災グッズのセットです

水や食料、雨風をしのぐレスキューシートやマット、電池やライトにラジオ、ホイッスルや救急セット、簡易トイレに耳栓アイマスクなど・・・とにかく必要最低限のものが入っています、このかばんにその他必要な水や食料などをあらかじめ準備しておけば1週間から2週間近くは生存することができます



・サバイバルセット

災害時や緊急事態の際、避難所が機能していない場合があります、そういう場合にはもしかするとサバイバル生活のような状況に陥る可能性もあります。そんなときに最低限必要なサバイバルナイフや火を起こすもの、自己をなんらかの危険から守る防衛ペンや緊急笛など・・

特にナイフは多様性がありもし万が一の場合自己や大切な人を守るものんいもなります

いつ何が起こるかわからないご時勢、足りない時は困りますが多く持っていて困ることはあまりありませんので揃えられるものは揃えられるときに揃えていきましょう



いかがでしたか?

世界情勢や国内の災害、めまぐるしく変わっていく状況に不安を覚える毎日

いつ何が起きても自分や家族を守れるのはこういった日ごろからの備えだと感じます

特に最近では雪による災害が目立っていますね、雪だけではなく日本は水害や震災により避難生活を強いられることが多々あります。これを機に最低限のものだけでも揃えてみてはいかがでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。